アニメーション制作のお仕事アニメーターになるには

アニメーターとは、アニメーションの制作工程において作画工程の原画と動画を担当する人のことです。アニメーション作品が出来上がるまでには、企画からシナリオ、作画、撮影などの工程があり、アニメの仕事に携わりたい人もいるでしょう。この中のアニメーターになるためにはどうすればいいのでしょうか。この仕事には、特別な資格や学歴はいりません。求められるのは、なんといってもプロとして仕事をこなせる「画力」です。独学では行き詰まることが多く、高校卒業後にアニメの専門学校や美術系の大学のアニメーション学科などにいき、必要な基礎知識を身につるのが一般的となっています。その後、画力をアピールしてアニメの制作会社やスタジオへと就職します。アニメーターになるには、絵をひたすら描きつづけることが大事です。アニメーターになりたいという強い気持ちが必要となります。

アニメーターの具体的な仕事内容

アニメーターの仕事は、端的に言えばアニメのキャラクターや背景の絵を描く仕事ですが、具体的にはどういう仕事かを説明しましょう。アニメのいろいろな制作工程における作画工程で、原画と動画を描くのがアニメーターになります。原画は、アニメーションの動きの中のポイントとなる基点の絵、動画というのは、原画と原画の間を埋める絵のことで、アニメーターになるとまずは動画を描く人「動画マン」としてスタートします。動画マンとして認められると、「原画マン」としてステップアップしていき、原画で実力が認められると複数の人で描いている原画と動画を統一させるリーダー「作画監督」となることができます。原画マンも動画マンも、シナリオや企画に沿う絵を指示通りに描きつづけるのが仕事と言えるでしょう。

アニメーターという仕事の今後の見通し

アニメーターの仕事の現場は、非常に不規則であり、長時間労働、下積み時代には給料も安い事によりなり手が少なく、日本ではアニメーターが不足し、仕事が人件費の安い中国などへ流れているのが現状です。この仕事は絵を描きつづけるという繰り返しの作業ですので忍耐力と、不規則で長時間労働なので体力も必要となります。とにかく絵がほんとうに好きでなければいけません。しかし、アニメートという単語の意味をご存知でしょうか。これには「命を吹き込む」という意味があります。アニメ作品を生み出すということは子供ができる感覚に似ていて、その作品は永遠に世に残るものとなります。これが、アニメーターの仕事のやりがいなのかも知れません。下積み時代にはどうしてもこのやりがいを感じられないかも知れませんが、動画マンから原画マンへ、作画監督へと成長を遂げるとこの感覚を味わえるのでしょう。