アニメーターの仕事現場の背景

日本のアニメは海外でも人気があるほど文化として成功しています。日本のアニメを見て日本語を覚えたり、日本に旅行してみたいという方もいるほどです。日本国内でも小さいころからアニメを見ている影響もあって、アニメに関わる仕事をしたいと考える方も多くいます。アニメ制作に携わっている職業の方にはアニメーターや脚本家、演出家などさまざまな方がいて、その方たちのおかげで映像作品ができています。さらにそこに声優による音声がついてアニメが完成します。将来なりたい職業に声優やアニメーターなどをあげる子供も少なくなく、アニメに関係する世界で働くために専門学校も多数で着ています。そこで、アニメーターになるためには何が必要なのか、アニメーターとはどんな仕事をする人たちなのか説明していきます。

アニメーターが手掛ける仕事の内容

さて、アニメーターは実際にどんな仕事をしているのかというと、映像作品を作るために重要なキャラクターの動き、背景の書き込みなどを担当しています。これらは一般的に作画と呼ばれ、キャラクターを動かすための重要な役割を担っているのです。脚本家や演出家の指示でできあがった絵コンテを基に原画を作成し、映像作品となった時に不自然な描写がないように緻密な書き込みをしています。そのため、アニメーターを志しても途中で挫折してしまう方も多く、アニメーター一本で食べていける方もほんの一握りしかいません。また、アニメの制作工程はたくさんあり、ほかの制作工程に興味を持ってくる方もいるなど、途中で自分の仕事を変えてしまう方もいます。アニメーターの仕事は絵を描くだけと思っていると痛い目を見てしまうのです。

アニメータになるための道程とは

アニメーターはただ絵が上手いだけで慣れるほど簡単なものではありません。絵が上手いことは最低条件として、そこに技術やアニメの理解、表現方法なども重要な要素です。上手い絵を描けても見ている人が何も感じなければ意味がありませんし、逆に下手な絵でも感動する絵を描けるアニメーターもいます。しかし、そのような方は稀で、アニメーターになれる確率もとても低いでしょう。そのため、アニメーターになるためには専門学校で学ぶことが一番安定した道のりになるでしょう。必要最低限の技術、業界の情報、コネクションなどあらゆるものが手に入るので、アニメーターになるための土台作りとして最適な場所なのです。さらに実際にアニメーターと交流する場が設けられることも学校によってはあるので、利用するだけの価値はあります。