動画制作のお仕事アニメーターになるには

テレビ番組やアニメーションをはじめ、ゲームやWebのコンテンツ、テレビCMなど動画製作が関わる仕事の場は日々発展し、多様化し続けています。そんな動画製作の中でも動画そのものを製作する上で重要な役割を担っているアニメーターの仕事は、根強い人気を誇る職業の一つです。実力主義の業界でもありますが、その分携わった仕事で評価をされればやりがいや達成感を感じることのできる仕事であり、さらに活躍の場が広がる可能性も期待できる仕事でもあります。従来の動画製作に加えて、近年では映画やゲームの動画作成などに3Dアニメーションが使用される機会も増えてきました。アニメーター業界ではこうしたデジタル技術を得意とする3Dアニメーターの需要が高まっています。そんな魅力あふれるアニメーターの仕事内容やアニメーターとして仕事に就くためのプロセスをご紹介します。

動画製作においてアニメーターが担う仕事内容とは

アニメーターは、アニメーション動画において基本となる絵を描くことが主な仕事内容となります。長編映画など作品の規模が大きくなればなるほど膨大な量の絵が必要となり、その1枚1枚の絵を手掛けるのがアニメーターです。アニメーターの仕事のポジションには、まず基本となる動画製作に携わる動画マン、作画技術の向上に伴い原画を担当する原画マン、さらにステップアップすると動画マンや原画マンを取りまとめる作画監督という役職があります。最近では3Dアニメーション製作の機会が増え、デジタル技術を得意とする3Dアニメーターという仕事もあります。アニメーターの仕事に就くために必要となる資格は特にありませんが、クライアントや製作会社が求める物を作り上げるには高い画力が必要不可欠です。また3Dアニメーターを目指す場合は、画力に関する基本的な技術に加えてデジタル技術のノウハウも求められます。

アニメーターになるためのプロセスと勉強内容

アニメーターになるための選択肢は幅広いですが、中でも一般的なのが専門的な技術を習得できる学校への進学です。絵の構成力や基本的なデッサン力など、一言で画力と言っても求められるスキルは多岐にわたります。そこで効率良く専門的な技術を習得するためのプロセスとして、美術系の大学やアニメーション学科のある大学、アニメーションを専門に学ぶことのできる専門学校への進学が挙げられます。専門学校の場合ほとんどが2年制、大学では4年制である場合が多く、アニメーターに必要な画力を養うことに特化した学科もあれば、動画製作業界への就職に役立つ知識や技術を総合的に学ぶことのできる学科もあり、学校によってカリキュラムの内容や特色も様々です。下積みを経て仕事を獲得していく業界ゆえに、20代半ばまでの人を対象に採用する会社も多く、将来を見据えた上で何歳までに何を学びたいかを明確化させることが大切です。