動画制作アニメーターのお仕事内容

観るのが好きな人も多いアニメですが、アニメガ好きで自分もアニメ制作に携わりたいと思ったことがある人も少なくないでしょう。今回はアニメ制作に携わるアニメーターの仕事について紹介していきます。アニメーターとはアニメに登場する背景やキャラクターなどの動きを1枚描いていく仕事のことをいいます。アニメーション作品には企画やシナリオ、撮影といった多くの工程がありますが、その中の作画を担当しているアニメーターは、シナリオや企画に沿うように絵を描いていきます。絵には動きの中でポイントとなる原画と、原画と原画の間に挟まる絵の動画があります。現場では、原画を描く人と動画描く人が別々に存在していて、新人は動画から担当することが一般的とされています。原画を描く人は、脚本と絵コンテに従って動きを考え、原画の一部となる原画を描いていき、原画と原画の間に描く枚数を、動画を描く人に伝えます。

アニメータ-になるにはどうしたらいいか

アニメーターになる為に、特別な学歴や資格は必要ありません。一番求められるのは、プロとして仕事をこなせるだけの画力で、デッサン力や画面構成力など様々なスキルも必要なので、ただ単に絵が上手いというだけではできない仕事でもあります。絵を描くことが好きであっても、独学で向上させよとすると行き詰まってしまう可能性もあるでしょう。おすすめは高校卒業後に入学できるアニメーションの専門学校や美術系の大学、アニメーション学科がある大学へ通うことです。アニメーターになるのに、必要な基礎知識やスキルが身に付き、アニメーターを目指す仲間もいるので、共に学ぶことでモチベーションの継続にもつながるでしょう。近年では4年制大学でもアニメーションに関わる学科を置く大学も増えてきています。進学する際は、4年制の大学か専門学校か、見学をして、学校のパンフレットをよく読んで自分に合ったところを選ぶことが大切です。

アニメータ-を目指す人が知っておいた方がいいポイント

アニメーターの仕事に年齢制限はありませんが、20代半ば頃までを採用の目安として行っている会社が多いです。絵を描いて楽しそうな仕事に見えますが、下積みからスタートするので、年をとると収入や体力的に辛い面もあります。学校に通ったとしても、必ず就職できるというわけではなく、一番大事なのは自分の画力をアピールして認めてもらうことです。最低限必要な力がなければ雇ってもらうことすらできない、アニメーターになるという強い気持ちと技術を向上させる姿勢が大切です。就職して、動画や原画を描く仕事をこなしていき、実力がつけばいずれ作画監督になって全体を仕切る立場になれます。アニメーション制作の現場は過酷で、特に新人の頃は給料も低く、長時間労働になるので忍耐力と体力も必要になります。センスやデッサン力、他にも技術的な面ではCGのデジタル技術にも対応できるよう、専用のソフトを使いこなせることも必要となってきます。