アニメーションの制作アニメーターのお仕事内容

日本のアニメーションは、海外より高い評価をうけ、日本の文化として世界に発信されています。アニメーションファンの中には、アニメーション制作に携わる仕事を将来設計として考えている人が多くいます。アニメーション制作業務は、大きく2パターンに分けられます。1つめがアニメーターです。この業務はアニメキャラクターや背景などを描く仕事となります。アニメーターは、まず動画制作からスタートし原画担当、そして作画責任担当とステップアップし、さらに演出や監督として制作指揮の役割を担うポジションと進みます。2つめは、アニメ制作進行です。この業務は、アニメーターと違い絵は描きません。アニメーションの動画や原画の制作計画立案や進捗管理の仕事となります。裏方のイメージがありますが、将来の制作デスク、プロデューサーとなっていきます。この2つの仕事によってアニメーション制作が成り立っています。

アニメーターの仕事に就くために準備しておくこと

将来、アニメーターとしてアニメーション制作業務に携わり、人気作品の制作チームメンバーになりたいという願望を叶えるためには、確実性の高い進路選択と効果性のある学習行動が必要となってきます。まず進路先は美術大学やアニメーション専門学校の養成コースを選択することをおすすめします。この段階でアニメーターに必要不可欠な高いデッサン力と構図レイアウトをしっかり修得し、基礎土台を固めます。また在学中に、絵画以外に工芸や現代美術など幅広いカテゴリーの美術や自然と触れ合い、美的センス、感性を磨くよう自己研鑽を積み重ねることも大切です。アニメーターという仕事は、絵を描くのが好きというだけではなく誰よりも画力が高くないと注目されない世界です。準備段階では徹底的に画力アップを目指しましょう。

アニメーターの仕事環境と実態について

アニメ制作のアニメーターとして仕事を行っていく場合、形態や環境は大きく2種類となります。まず一般的に就職しサラリーマンとして勤務する形態です。アニメーション制作会社やプロダクションに正社員のアニメーター専門職として採用され、アニメーション制作業務に携わっていきます。この形態では、健康保険や厚生年金、雇用保険等の社会保険制度が適用され、会社の福利厚生も加わり安定的な勤務環境のもと仕事ができます。次に、所属会社から独立して個人事業主のアニメーターとして作品制作活動していく形態です。基本収入は作品の制作受注が報酬となり、人気アニメーターになると知名度が上がり、収入増が見込めます。事実、業界では個人活動しているアニメーターが数多く実在し、組織に縛られず自分が描きたい作品を中心に取組んでいます。形態の違いから環境が異なりますから、自分に合ったワークスタイルを熟考し決定することが必要です。

セミナーの開催だけではなく、各分野のアニメーターのインタビューやレポートも掲載しています。 アニメ関連やアニメーター関連ならanisemiで決まり